ご購入の流れ

補聴器選びを安心サポート

補聴器は日々、進化を続けていますが、性能を最大限に引き出し、快適な聞こえを実現するには何度かの繊細な調整が必要となります。当社にはお客様によりよいサービスをご提供する為、認定補聴器技能者が在籍しております。お客様に満足していただけるまで親身に対応いたしますので、安心してご相談ください。

認定補聴器技能者とは

補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、公益財団法人テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。
どんな高価な補聴器でも、その人の聴力に合っていなかったり、適切に調整されていなければ本来の性能を発揮できません。
認定補聴器技能者は、豊富で幅広い知識と、長い実務経験から培った確かな技能で、補聴器の適切なご利用をバックアップいたします。

「障害者総合支援法」による補聴器の取り扱いについて

平成25年4月1日から施行された「障害者総合支援法」による補装具費(補聴器の購入費用)の支給に関する見積書の発行、補聴器の支給に対応しています。
富士メガネ各店の補聴器担当者にご相談下さい。

ご購入の流れ

  • STEP1

    お店で相談

    専任スタッフが親身に対応。初めてでも安心です。

  • STEP2

    補聴器選定のための聴力測定

    最新の聴力測定器とコンピュータを使って、正確に調べます。

  • STEP3

    補聴器選び

    ご希望の機能・形の補聴器をお選びください。試聴もできます。

  • STEP4

    耳に合わせて調整

    高度な技術でお客様専用の補聴器として調整します。

  • STEP5

    日常生活でチェック

    人と話し、街を歩き、聞こえ方を確かめます。

  • STEP6

    お店で再調整

    問題があればご相談ください。より良い状態に調整します。

補聴器診断チェック

補聴器が必要かどうかわからない。そんな方はまず、こちらで自己診断してみてください。

  • 会話中に聞き返すことが多くなった。
  • 「テレビの音が大きい」と家族に言われる。
  • 「電話で話す声が大きい」と言われることがある。
  • 会議中に発言を聞き取れないことがある。
  • 5~6人で集まると、声が小さい人の話が聞きづらい。
  • 電話の呼び出し音やドアチャイムを聞き逃すことがある。

ひとつでも「はい」がある方。補聴器があると状況が改善されるかもしれません。
まずは店頭にてお試しください。

補聴器選びのポイント

初めて補聴器をご利用される方には…

初めて補聴器をお使いの方には、オープンタイプ補聴器もお勧めです。
耳を塞がない耳栓を使用していますので、"自分の声のこもり"や"耳を塞がれる閉塞感"が少なく、とても慣れやすい補聴器です。
聞き取りが落ちてきた軽度難聴の方はぜひ一度お試しください。

※低い音が聞き取りにくい方、中度以上の難聴で音をしっかりと聞きたい方には不向きです。
詳しくはスタッフにご相談ください。

聞こえの範囲

補聴器は片耳だけに装着することも可能ですが、左右両耳につけることによって、
さまざまなメリットがあります。

  1. 音が自然にラクに聞こえる。
  2. 騒がしい場所でも聞き取りやすい。
  3. 方向感がつかみやすい。
  4. どちらから話しかけられても安心。