見る歓びをより多くの人に。

お客様に喜んでいただけるメガネ作り

富士メガネは1939年の創業以来「お客様に喜んでいただけるメガネ作り」を目指して参りました。

視力はもちろん健康やライフスタイルまで見据えた「ビジョンケア」、目とメガネのスペシャリスト「オプトメトリスト」や「認定眼鏡士」による高度なメガネ作りときめ細かなアフターケア──すべてのプロセスにおいてプロフェッショナルなサービスを貫き、ひとりでも多くのお客様に「見る喜び」をお届けしたいと願っています。

メガネのプロフェッショナル集団

富士メガネは、

  • ビジョンケアの先進国アメリカで学んだ「オプトメトリスト」3名
  • 公益社団法人 日本眼鏡技術者協会が審査認定した「認定眼鏡士」279名

を擁するプロフェッショナル集団。
専門の知識と技術を駆使して、みなさまの視生活を全力でサポートします。

誠意あるメガネ作りと国際貢献活動が国内外で高く評価されています。

富士メガネの歩み

富士メガネは1939年、樺太(現サハリン)で「富士眼鏡商会」として創業しました。終戦を経て札幌・狸小路で営業再開し、道内外に店舗を拡大。現在は全国67店舗のネットワークを築いています。2010年には創業以来変わらぬ「お客様に喜んでいただけるメガネづくり」の企業姿勢が評価され、メガネ業界初の「ハイ・サービス日本300選」を受賞しました。

1983年からは海外難民視力支援活動、1987年からは中国残留日本人孤児眼鏡寄贈活動を開始。2006年には長年に亘る海外難民への視力支援活動が評価され、当社会長・金井昭雄O.D.が日本人初のUNHCR「ナンセン難民賞」を受賞しました。