富士メガネとUNHCRは30年以上協力しあい、世界中の難民の支援を行なっています。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees)とは、世界各地にいる難民の保護と支援を行なう国連機関です。富士メガネの海外難民視力支援活動は、1984年にUNHCRの要請を受けて以来、相互の協力のもとで実施しており、2013年でその協力関係は30年を迎えました。

10年間で総額100万米ドルの寄付を実施

©UNHCR

海外難民視力支援活動30周年

富士メガネとUNHCRの協力関係30年にあたる2013年に、富士メガネよりUNHCRへ10年間で総額100万米ドルの寄付を発表しました。 2022年まで「世界難民の日」にあたる6月20日に毎年10万ドルの寄付を行なう予定です。寄付金は世界中の難民の教育支援や難民女性の支援に役立てられます。

お客様から頂戴した売上金の一部が支援に役立てられています。心より感謝申し上げます。

UNHCR「国連難民募金箱」を全店に設置

国連難民募金

UNHCRの恒常的な資金不足を民間から支えるという趣旨に賛同すると共に、難民支援を目的として、富士メガネ全店店頭(本社ほか、事務部門を含む73カ所)に「国連難民募金箱」を設置しています。皆様からお寄せいただいた募金は年に1回全店分を取りまとめ、本社から一括してUNHCRの公式支援窓口である国連UNHCR協会へ送金されます。募金の使途についての指定はできませんが、募金は随時国連UNHCR協会からUNHCR本部に送金され、世界各国の難民支援のために役立てられます。

[寄付がどのように役立つか(金額ごとにできることの目安)]
  • ●500円→水を汲む容器3個
  • ●1,500円→キャンプでの教科書5人分
  • ●3,000円→緊急用鍋釜などの調理セット
  • ●5,000円→ビニールシート10枚
  • ●15,000円→テント1張
  • ●30,000円→毛布100枚

ご協力ありがとうございます。【2013年度の寄付金額:641,442円、2007年からの累計寄付金額:3,723,140円】