海外難民視力支援ミッション

明日を見すえる力になりたい。

タイ、ネパール、アルメニア、アゼルバイジャン…。
世界の難民・国内避難民に、メガネの寄贈を続けています。

1939年(昭和14)年、樺太で富士メガネを創業した金井武雄は、「モノが見えることで、人生を助けることもできる」、と口癖のように言っていました。戦中戦後の激動を乗り越えて創業45周年の年である1983年、私たちは、「これまでにさまざまな方から受けたご恩をお返ししたい」という強い思いから、世界各地の難民や国内避難民の方々にメガネを贈る活動を始めました。

現地の情報も不十分のままの手探りのスタートで、多くの困難に直面しましたが、メガネを手にした方々のはじけるような笑顔が活動を継続するエネルギーとなりました。

見える喜びは世界共通です。「見える!」「ありがとう!」、心の底から発せられるそんな言葉を受けるたびに、私たちは、これからもお客様への感謝の一端を、この視力支援ミッションに向けていく意義と責任を実感しています。

おかげさまで合計151,632組の新しいメガネを寄贈することができました。

 実施年訪問地眼鏡寄贈組数
第1回1983年9月タイ1,202組
第2回1984年11月タイ1,059組
第3回1985年11月タイ3,327組
第4回1986年11月タイ2,500組
第5回1987年11月タイ5,000組
第6回1988年11月タイ5,508組
第7回1989年11月タイ3,421組
第8回1990年9月~10月タイ4,044組
第9回1991年10月~11月タイ5,032組
第10回1992年10月~11月タイ5,034組
第11回1993年10月~11月タイ5,012組
第12回1994年10月~11月ネパール2,537組
第13回1995年10月~11月ネパール4,032組
第14回1996年10月~11月ネパール4,040組
第15回1997年9月アルメニア3,184組
第16回1997年11月ネパール3,041組
1998年8月アルメニア1,000組
第17回1998年11月ネパール3,036組
1999年8月アルメニア1,000組
第18回1999年11月ネパール4,039組
2000年9月アルメニア3,000組
第19回2000年11月ネパール4,027組
2001年8月アルメニア2,000組
2001年10月ネパール3,000組
2002年8月アルメニア2,000組
2002年10月ネパール3,500組
第20回2003年7月アルメニア3,033組
第21回2003年11月ネパール3,579組
第22回2004年5月~6月アルメニア3,025組
2004年11月ネパール2,300組
第23回2005年5月~6月アゼルバイジャン4,069組
2005年11月ネパール500組
第24回2006年5月アゼルバイジャン4,128組
2006年6月タンザニア3,000組
第25回2007年6月アゼルバイジャン4,117組
2007年9月ネパール300組
第26回2008年6月アゼルバイジャン3,574組
第27回2009年5月アゼルバイジャン3,626組
第28回2010年5月アゼルバイジャン3,590組
第29回2011年5月~6月アゼルバイジャン3,601組
第30回2012年7月アゼルバイジャン4,601組
2012年9月ケニア2,000組
第31回2013年7月アゼルバイジャン3,602組
第32回2014年4月アゼルバイジャン4,144組
第33回2015年5月アゼルバイジャン4,123組
第34回2016年5月~6月アゼルバイジャン4,145組
2016年8月イラク1,000組
2017年2月バングラデシュ1,000組

タイ・インドシナ難民キャンプ

ここから始まった、富士メガネの視力支援ミッション

インドシナ紛争では1970年代後半から多くの難民が生まれ、タイの難民キャンプに保護されました。現地の窮状を知った私たちは1983年に、キャンプにメガネを持ち込み、視力の検査とケアに取り組みました。不慣れな環境の中、500人ほどにメガネを贈ると、驚くほどの感謝の言葉を受けることができたのです。この体験が、「見える喜びは世界共通であること」を、私たちにあらためて考えさせることになりました。


自分の仕事の意味が再確認できた体験でした。

グランドホテル前店 店長 外崎 勝彦
1992年/タイ 訪問

「よく見える!」難民の方々のそんな声を直接聞くことができ、深い感動をおぼえました。メガネを通してお客様のお役に立つことの原点が再確認でき、メガネのプロとしての責任と喜びがいっそう自覚できた体験でした。

ネパール・ブータン難民キャンプ

難民の視力改善に生かされる富士メガネの理念と技術

1994年、迫害によってブータンから逃れたネパール系の難民を支援するために、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請で始まりました。病気や栄養失調による視力障害も多く、当初から高度な対応が求められました。いったん帰国してから製作して送る特殊なメガネも少なくありません。2003年春には当社の援助による眼科クリニックも完成。現地の住民や難民の視力ケアを担っています。


関係者全員の協力で成り立っていることを実感しました。

青森イトーヨーカドー店 店長 千木良 一
2003年/ネパール 訪問

不便な環境にありながらも、生き生きとキャンプで暮らす人々の強いエネルギーを感じ、気が引き締まる思いで活動に参加しました。ミッションは大勢の方々のお蔭でスムーズに進行しました。あらためて、関係者全員の協力で成り立っている活動であることを実感しました。

アルメニア・アゼルバイジャン系難民・国内避難民

現地のメディアによる大きな反響もやりがいに

ソ連紛争後の混乱の中でアゼルバイジャンからアルメニアに入った難民に対して、1997年、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請を受けてスタート。一人ひとりの視力を検査して最適なメガネを手渡す様子は、現地のメディアにも大きく取り上げられました。反響の大きさに驚くと共に、メガネによる支援の意義とそこに関わる喜びを多くの社員が実感しています。


世界の広さと深さを知る体験。

狸小路本店 店長 金井 宏将O.D.
2004年/アルメニア
2007年~2016年/アゼルバイジャン 訪問

現地では、日本では考えられないような強度の遠視や近視が放置された状態で、難民の方々が置かれる厳しい現実を実感しました。そうした人々の力になることは、自分の世界観や人生観を問い直すことにもつながる貴重な体験でした。

アゼルバイジャン周辺国からの難民・国内避難民

「ナンセン難民賞」の賞金で地下水給水施設が完成

1990年代初頭から続くアゼルバイジャンとアルメニアとの紛争によって故郷を追われた国内避難民や近隣国からの難民のために、2005年、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請で始まりました。2007年にはUNHCR「ナンセン難民賞」の賞金を使用して、国内避難民居住区に地下水の給水施設を完成させることができました。完成セレモニーでは、現地のたくさんの人々と当社スタッフが、ともに歓声をあげながら喜びを分かち合いました。


ミッションでは一生忘れられない感動を味わいました。

東京大手町ビル店 岡本 真実
2015年/アゼルバイジャン訪問

現地では、日本では当然メガネを掛けるであろう方がメガネを掛けていない等のケースの多さに驚き、メガネを掛けた瞬間のこぼれる笑顔と「ヤクシー(見える)」という言葉もいただき「見える喜び」に貢献できたことを本当に嬉しく思います。

訪問した社員数延べ177名

当社の社員がボランティアで現地に赴き、UNHCR職員やNGOスタッフ、通訳の力をお借りしながらメガネを一人ひとりに手渡します。また日本においてもお取引先様の幅広いご協力をいただいています。メガネの製作、度数ごとの仕分けや梱包、発送などに関わる社員ボランティアも欠かせません。このミッションは、多くの人が心を合わせることで成り立っています。

※各ページ文章内の肩書きおよび役職名は、記事内容当時のものです。