トップメッセージ

視力ケアの専門家

代表取締役会長・社長兼任
金井 昭雄O.D.
アメリカ・カリフォルニア州ライセンス・オプトメトリスト・ドクター

人間の視力は、単に遠方の視力表がはっきり見えていれば良いというような簡単なものではありません。近方作業時における調節能力や、両眼のスムーズな運動及び感覚機能に障害や異常があると、疲労により視能率が低下したり、外界からの視覚情報の大脳への伝達精度にも影響を及ぼし、職場での作業、スポーツや運転、読書など人間の行動や学習能力に重大な影響を与える恐れがあります。また高齢化を迎えて、国民の総合的視力ケアの面から、様々な視力障害に苦しんでいる人達のリハビリテーション、眼疾患や生活習慣病の視力への影響、更に視力の保護や安全など、様々な側面から専門的ケアが必要です。

先進諸外国においては、国民の「視力ケアの専門家」が、国家資格に基づいて高度に専門的なサービスを提供し、視力に関わる福祉の重要な一翼を担っております。我が国において眼鏡販売店は、単に眼鏡フレームやレンズの販売業と一般的に見なされておりますが、国民の視力ケア専門家としての役割を今後さらに広めて行かねばなりません。

当社は、眼鏡専門技術者の団体である、公益社団法人 日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士」279名を擁し、グローバルな視力ケアの理念に基づいたメガネ作りを目指しております。

※2015年2月現在