補聴器の種類

補聴器は、耳かけ型、RICタイプ(レシーバー(音が出る部分)が耳の穴の中に入るタイプ)、耳穴型(耳の穴にすっぽりと納まるタイプ)など、機能も形も多様なタイプがあります。
耳かけ型、RICタイプは、試聴して聞こえ方をお試しいただけます。

耳かけ型補聴器

耳の後ろにかけて使用する補聴器です。電池交換などの操作も簡単で扱いやすく、音も大きくできることから、軽度から高度の難聴に対応する事ができます。 汗が入りやすいという難点がありますが、汗に強い器種も出てきています。たくさんの色の中から選ぶことができます。

RICタイプ補聴器

レシーバー(音が出る部分)が耳の穴の中に入る、最新のタイプでもっとも小さく、軽い耳かけタイプの補聴器です。
耳の後ろに隠れてしまう位の小ささと細いチューブのおかげで、髪型によってはつけている事がほとんど分かりません。
小型軽量で、装用時の違和感がほとんどありません。デザインやカラーもお洒落でカラフルなものが多いです。軽度~中度難聴まで対応しています。

耳穴型オーダー補聴器

耳の穴に納まるタイプの補聴器です。使用する人の耳穴の形状に合わせてシェル(外形部)をオーダーで製作します。
耳に納まっている状態ですので、メガネやマスクを気にする事なくご使用いただけます。
耳かけ型補聴器程ではありませんが、適応できる聴力範囲が広いのも特徴です。

CIC(ミニカナル)タイプオーダー補聴器

耳の穴にすっぽりと納まるタイプのオーダーメイドの耳穴型補聴器です。補聴器の中では一番小さく、外から見て補聴器をつけていることに気づかれにくいのが特長です。
耳の中に完全に納まるので、帽子やヘルメットを使用する際に邪魔にならない、風が吹いた時に入る風の音が少ない、電話を使用する際に気になりにくいなどのメリットがあります。
その反面、補聴器が奥まで入る為、食事の時に食べ物をかむ音が気になることがあります。
小さいので取り扱いが難しく感じたり、あまり大きな音が出せないという点もあります。

ポケット型補聴器

本体をポケットの中に入れ、イヤホンとコードでつないで使用します。
本体のサイズが大きいので、操作が比較的簡単で扱いやすく、ピーピー音(ハウリング)も起きにくく、価格的にもお求めやすい製品が多いのが特徴です。
常時ご使用するなかで、コードの断線が起こりやすい、補聴器を隠すと音が聞こえにくくなる、洋服のこすれる音が入るなどの点があります。